和温クリニック東京

ご予約・お問い合わせ

コンセプト

CONCEPT

ご挨拶

 現在、日本は世界に先駆けて超高齢社会に入り、健康長寿を如何に維持するかは大きな社会問題となっています。
そこで「和温療法」を開発した鄭忠和が、これまでの多大な臨床並びに基礎研究を通じて、難治性の病気からの快復や、未病や予防、健康長寿、福寿社会に貢献することを願い、”和温療法専用の「和温クリニック東京」を自由診療、会員制、完全予約制で開設致しました。

平成元年(1989年)1月「死ぬ前に一度温泉に入りたい。」と切望する末期心不全の高齢の患者さんに出会いました。
当時、入浴や温泉は医学会では「心不全には禁忌」とされていました。
なんとかして患者さんの夢を叶えてあげたいと願う気持ちから、霧島リハビリテーションセンターで自動昇降式浴槽を用いて重症心不全の入浴を行いました。
患者さんの喜びが大きく、毎日施行した結果、見事に回復し、和温療法の開発に取り組みました。
以来30年余り、延べ8万人の患者さんに和温療法を実施しました。
その間、重症心不全のみならず、様々な難治性疾患患者から日常的な疲労や疼痛などに至るまで、多彩な効果を発揮することを証明して参りました。

平成22年(2010年)日本循環器学会の「慢性心不全治療ガイドライン」にクラス1 (積極的に推奨)として記載。
平成24年(2012年)には高度先進医療(先進医療B)として承認され、令和2年(2020年)慢性心不全対して保険収載されました。

「和温療法」は、体の隅々まで血流を促進し、全身の細胞に必要な酸素と栄養をしっかり供給することで、病気の快復だけでなく、未病・予防に効果的な革新的治療法です。

臨床医として長年の豊富な経験と、日本発の治療として確立した「和温療法」で、皆様の真の健康長寿、和温ライフにお役に立ちたいと願っています。

「和温療法」は、血管を若返らせます。血管の若返りは人生の若返りです。

「スタッフ一同、和む・温もる「和温」の心でお待ちしておりますので、どうぞ安心してご来院ください。

鄭 忠和

  • 和温療法研究所 所長
  • 獨協医科大学 特任教授
  • 和温療法研修センター 理事長
略歴

宮崎県都城市生まれ、鹿児島ラ・サール高校卒業

昭和48年 鹿児島大学医学部医学科卒業、
昭和50年 東京大学医学部第二内科研究生
昭和55年 米国UCLA / Wadsworth VA Medical Center 上級研究医
昭和57年 医学博士、米国UCLA助教授
平成 元年 鹿児島大学医学部講師(リハビリテーション科)
平成 6年 米国メーヨ・クリニック 客員研究員
平成10年 鹿児島大学医学部教授(内科学第一講座)
平成15年 鹿児島大学大学院教授(循環器・呼吸器・代謝内科)
平成24年 和温療法研究所所長 / 獨協医科大学特任教授
平成30年 和温クリニック東京 院長

鄭 忠和

学会活動
平成17年~24年 アジア太平洋心エコードプラ会議理事長
平成18年~24年 日本性差医学医療学会理事長
平成18年~22年 日本心臓病学会誌 Journal of Cardiology 編集長
平成22年~25年 日本心臓病学会理事長
専門医資格
  • 日本心臓病学会上級臨床医 (FJCC)
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本循環器学会フェロー (FJCS)
  • 日本内科学会認定内科医
  • 同指導医
  • 日本高血圧学会フェロー (FHSJ)
  • 日本超音波学会 専門医
  • 指導医
  • 日本温泉気候物理学会 温泉療法医
  • 米国心臓病学会フェロー (FACC)
  • 米国循環器学会フェロー (FAHA)
  • 米国脈管学会フェロー (FACC)
  • ヨーロッパ心臓病学会フェロー (FESC)
学会名誉会員・功労会員
名誉会員
  • 日本循環器学会名誉会員
  • 日本心臓病学会名誉会員
  • 日本心不全学会名誉会員
  • 日本心臓リハビリテーション学会名誉会員
  • 日本温泉気候物理学会名誉会員
  • 日本心エコー図学会名誉会員
  • 米国心エコー図学会名誉会員
功労会員
  • 日本内科学会功労会員
  • 日本超音波学会功労会員
主な業績

心筋コントラストエコー法の開発、和温療法の開発、Tei index(※) の開発

※Tei index(総合的心機能評価)は、世界中の循環器診療の現場で用いられています。